calendar

S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      
<< December 2017 >>

Links

古代文明グッズなら
翠微洞yahoo店はこちら

幻想ヨーロッパグッズ
Twitter はこちら
お問合せはこちら

Profile

latest entries

categories

archives

search

mobile

qrcode

sponsored links

recommend

others

発送時期についてのお知らせ

12月から発送時期が変わりますのでお知らせします。
今までは午後1時までのご注文やお振込みは当日発送していましたが、諸々の事情により1〜2日後の発送に変えることに致しました。また、それと同時に定休日だった水曜日は営業致します。

年末は荷物の配送が大変混みあいますので、お届けまでの日数も1〜2日余分にかかることがあります。特定の日の受け取りをご希望の場合は、お早目にご用命くださいませ。

ご不便をお掛けするかもしれませんが、何卒ご理解くださいますようお願い申し上げます。
 
| お知らせ | 12:00 | 洞主 |

ハイキングと森の石松



昨日の日曜日は車で30分ほどの森町にハイキングに行ってきました。
萩の寺とも呼ばれる蓮華寺から、清水次郎長一家の森の石松の墓がある大洞院まで2.7kmの山道です。上の写真はハイキングコースの入口で、まだなだらかなのですが、登るにつれ道は険しくなっていきます。



お堂の跡や池なども途中にあり、杉や竹、シダの茂みの道を抜けると、山頂近くにはこんな岩場もあって、変化に富んだ景色が楽しめました。結構険しい山道なのに、トレイルランをしている方やご高齢の方々の団体に行き会ってちょっとびっくり。

下りの道は膝が痛くなりましたが、無事大洞院に到着。1時間ほどの道程でした。
大洞院はいつもと違って紅葉を楽しむ人で賑わっていましたが、若い人たちは森の石松に馴染みがないのか、墓の前には中高年の方ばかりが集まっていました。



森の石松は金毘羅参りの船上での「寿司くいねぇ!」の講談(フィクションです)で有名な隻眼の侠客で、喧嘩っ早くて義理人情に厚いけれど、かわいげのある憎めないキャラクターとしてドラマなどで描かれています。

上の写真は参道の入口です。参道の脇には小川があって、赤と橙の紅葉が緑の杉に映えていました。境内にはイチョウもあって美しいのですが、写真を撮り忘れました。

次のハイキングは昨日の「直虎」に出てきた高天神城址に行こうと思っています。
洞主は一度行ったことがあるのですが、知人が近くまで行ったもののよくわからなかったと言うので、案内人として同行する予定です。

 

| 洞主雑記 | 12:00 | 洞主 |

鳩サブレーと亀まんじゅう

昨日久しぶりに鎌倉市の銘菓、鳩サブレーを食べました。
飾り気のないお菓子ですが、洞主は大好きです。
鳩サブレだと思い込んでいましたが、サブレーと伸ばすのですね。

というわけで、今日はお菓子について。
遠州(静岡県西部)のお菓子と言えばうなぎパイが有名ですが、今回紹介するのは御前崎市のかめや本店の亀まんじゅうです。


(画像:かめや本店のウェブサイトより、リンクあり)

まんじゅうと言っても、固めのパン生地の皮に固めのこし餡という素朴な味で、亀の形をしています。もともとパン屋だったということで、正月用に亀の形のパンまんじゅうを飾りとして作ったら、是非買いたいとの要望があったので商品として発売したようです。大きいのでいくつかに切って食べますが、子供の頃はその固い食感があまり好きになれませんでした。

ところが、数年前から何故か時々食べたくなるのです。
東名高速で東京から帰ってくる時に牧之原サービスエリアに立ち寄った時のことです。亀まんじゅうがあるかお店の人に聞いたところ、その日は売り切れとのこと。
「えー、亀まんじゅう売り切れなんですか?」の声に、近くにいた出張中らしき男性が「有名なまんじゅうなのか?」という顔をしていました。今度来たら買ってみようと思ったかもしれませんが、一度食べただけでは良さがわかりませんよ。何度か食べて数年たった後に、1年に1回くらいどうしても食べたくなるのです。

近頃はミニサイズの亀まんじゅうや、鶴まんじゅうもあります。
元祖かめやの他にも似た名前の亀まんじゅうの店もあるようです。
遠州地方に立ち寄ったら是非探してみてください。
あ、それと、食べるときは飲み物をお忘れなく!
 
| 洞主雑記 | 12:00 | 洞主 |