calendar

S M T W T F S
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< January 2019 >>

Links

Profile

latest entries

categories

archives

search

mobile

qrcode

sponsored links

recommend

others

<< 本店リニューアルの日程 | main | 遺跡散歩:出雲(後編) >>

遺跡散歩:出雲(前編)

本店リニューアル前に4日間休業しましたが、実はこの時、島根県に旅行に行っていました。松江城や出雲大社など定番の観光地の他に遺跡に2ヵ所立ち寄ったので紹介します。



まずは出雲市の荒神谷遺跡です。埋もれていた銅剣の数は驚愕の358本!それまで日本全体で見つかっていたのが300本ほどだったので、どれほどの驚きだったでしょう。広域農道の計画がなかったら銅剣はずっと眠ったままだったかも。

夏には古代の蓮の種から再生した二千年蓮を見に多くの人が訪れるとのことですが、この日は数人のみ。予約してなかったのですが、ボランティアガイドさんが遺跡を案内してくれました。信仰が神から離れ、祭祀に使われた銅剣が不要のものとなった背景に、気候変動による斐伊川の氾濫があるとのお話しはとても興味深かったです。

博物館ではシアタールームでビデオを見たり、小窓から覗き見る古代の暮らしの展示に見入ったり、のんびり見学しました。ミュージアムショップには神々をイメージしたブレンド茶やここで収穫された古代米、意外と知らない出雲神話を面白く紹介した絵本などがありました。



次に、1時間半ほど電車に乗って着いた奥出雲町の横田では、「たたらと刀剣博物館」を見学。天秤たたらの復元模型でたたらを踏む体験に挑戦!要領が悪いのか膝への負担が半端ないです。4〜5回で終了。この後「そろばんと工芸の館」を見学。「質の雲州そろばん」と言われますが、たたら製鉄でできる良質な刃物と、硬い木をくり抜いて作るそろばん玉の製造が結びついていたのですね。

上の画像はたたらと刀剣博物館の八岐大蛇のオブジェです。八岐大蛇は斐伊川の氾濫を表しているという説があると荒神谷のガイドさんが言っていたっけ。(後編に続く)

 

| 洞主雑記 | 12:00 | 洞主 |

スポンサーサイト

| - | 12:00 | スポンサードリンク |