calendar

S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< June 2018 >>

Links

古代文明グッズなら
翠微洞yahoo店はこちら

幻想ヨーロッパグッズ
お問合せはこちら

Profile

latest entries

categories

archives

search

mobile

qrcode

sponsored links

recommend

others

<< 「古代エジプトの至宝」Yahoo!で無料配信中 | main | 新発売:イナンナ/イシュタル >>

悉平太郎の怪物退治

翠微洞は静岡県の磐田市にあります。
今日はこの磐田市の見付天神に伝わる伝説を紹介します。

「昔、見付の村には、白羽の矢がたった家の娘を人身御供に差し出すという慣わしがありました。ある時、このことを哀れに思った旅の僧が娘の入った白木の櫃を物陰から見張っていると、やって来たのは怪物で、信濃の「しっぺいたろう」を恐れていることがわかったのです。

しっぺいたろうを探して信濃に赴いた僧は、駒ケ根の光前寺に住む山犬の子に辿り着きました。そして光前寺の承諾を得て、悉平太郎を伴って見付に戻ったのでした。

その年の人身御供は娘の替わりに悉平太郎を櫃に入れ、社の前に置きました。怪物がやってくると悉平太郎は櫃から飛び出し、激しい闘いが始まりました。

闘いが終わって夜が明けると、そこには大きな狒狒の骸が横たわっていましたが、悉平太郎の姿はありません。ただ血の跡が点々と信濃に向かって続いていたのでした。」

最後は諸説あり、
・深手を負ったものの無事に光前寺に送り届けた
・自分で帰って光前寺で息絶えた
・自分で帰る途中で息絶えた(中間地点に墓があります)
・狒狒を倒しその場で亡くなった

下の画像は見付天神の悉平太郎の銅像です。(磐田市のサイトより拝借)
かっこいいでしょ。



実は洞主は悉平太郎の伝説で曲を作りまして、プログレッシブロックに仕立てて幾度か披露したことがあります。その時、滋賀県出身の知り合いが滋賀にもそっくりな話があるとおしえてくれました。調べてみたら長浜市にあるのですね。しっぺい太郎と言う名前と光前寺もいっしょでびっくりしました。

磐田市のゆるキャラで「しっぺい」というのがいるのですが、山犬(=狼)というより紀州犬のように真っ白で、なぜか赤ふんどしをしています。なんかちょっと納得いかないのは洞主だけでしょうか・・・。
 

| 洞主雑記 | 12:00 | 洞主 |

スポンサーサイト

| - | 12:00 | スポンサードリンク |