calendar

S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
<< September 2018 >>

Links

Profile

latest entries

categories

archives

search

mobile

qrcode

sponsored links

recommend

others

クフ王のピラミッドと素粒子物理学

名古屋大学の森島先生による講座のお知らせです。
宇宙線ミューオンの観測でピラミッド内部の空間を発見した方です。
河江肖剰さんも登壇しますよ。

名古屋大学高等研究院レクチャー
「クフ王のピラミッドと素粒子物理学」
日時:4月18日(水)13:30〜16:30
場所:名古屋大学理学南館坂田・平田ホール
参加:無料
定員:300名

名古屋大学のフェイスブックに載っています。4月3日の日付の投稿です。
水曜日というのが難ですが、質疑応答もありますので聞きたいことが直接聞けますよ。
 
| イベント・お店・情報 | 12:00 | 洞主 |

神戸のエジプト料理店「JINA」

お買い上げ品といっしょにお送りしているフリーペーパー「エジプト世界駅」。
そのなかで料理ページを担当しているジーナさんのお店が神戸にあります。
翠微洞のお客様が写真を送ってくださったので紹介します!




「いつも洞主様が送ってくださるエジプト世界駅がきっかけで、エジプト料理のジーナさんに行ってきました。どの料理もシンプルな味付けで、とてもヘルシーで美味しかったです。コース料理の一部ですが、写真を送らせていただきます。

何がきっかけになるか分からないものですね!
全てのご縁に感謝です!!

四角いお皿のお肉は塩コショウだけで味付けしています。
丸いのはエジプトのピザで、癖になる美味しさでした。
あと、鳥料理と、ライスはエジプトのパスタが入っているバター風味のご飯で、美味しくてお代わりさせていただきました。

エジプトはヘルシーなのにビックリしました。」

えっ、ライスお代わり!
ヘルシーだから大丈夫なのかな?
ジーナさんのお店ではエジプトのビールなども楽しめるようです。
神戸に行ったら是非立ち寄ってみてください!!

エジプト料理&地中海料理JINA
兵庫県神戸市中央区中山手通1丁目22番10号
象ビル2階(三ノ宮駅から徒歩8分・北野坂上がる右手)
078-271-3195
 

| イベント・お店・情報 | 12:00 | 洞主 |

ミホ・ミュージアムの名品が高崎に

「永遠の至福を求めて」と題した展示会が群馬県立近代美術館で開催されます。
滋賀県のミホ・ミュージアム所蔵の名品の中から、ヒエログリフのレリーフや獅子頭神像の他に、中国の辟邪やペルシャのリュトン、古代オリエントの皿や杯など65点が展示されます。

期間:2月23日〜3月25日
時間:9:30〜17:00(入館は16:30まで)
場所:群馬県高崎市綿貫町992-1 群馬の森公園内
電話:027-346-5560
観覧料:一般820円

2月4日と3月3日には記念講演会が、他にも学芸員による作品解説会もあります。
詳しくは群馬県立近代美術館の特別展示ページでどうぞ。
 

| イベント・お店・情報 | 12:00 | 洞主 |

ハワード・カーター宅 FOR SALE !!


(画像はDaily Mail Online より)

ツタンカーメン王墓を発見したハワード・カーター氏のマンションが売りに出ています。

ロンドン中心部に近い高級住宅街ケンジントンのアルバート・コートという場所で、ロイヤル・アルバート・ホール(ヴィクトリア女王が夫のために建てた演劇場)の目の前です。第2次大戦時には英国空軍の通信機器教育の拠点が置かれたり、ヒッチコックの映画の撮影に使われたそうです。

王墓発掘後にカーターが購入したフラット(英国でアパートやマンションのこと)で、1939年に亡くなるまでここに住んでいました。元々は別だった2階と3階の2つのフラットを合体してあり、上の写真はフラット内部の長い入口ホールです。居間とバスルーム付きの寝室が3部屋、予備の寝室が2部屋、書斎などがあるこの物件のお値段は約15億円!

購入を検討したい方はDaily Mail Online で外観や部屋の様子が見られます。
別途管理費として年間400万円ほどかかるようですよ。
 

| イベント・お店・情報 | 12:00 | 洞主 |

講座情報:ラメセス大王の生涯

文化センターなどでの講座はわりとピラミッドやツタンカーメンが多いのですが、ラメセス2世の講座がありますので紹介します。

アブ・シンベル神殿発掘200周年記念として名古屋市のSBS学苑での講座です。
日時:12月16日(土)13:30〜15:00
講師:河江肖剰(かわえのりゆき)
申し込みと詳細はこちらから

ラメセス王はラムセスのほうが馴染みがあるでしょうか?
ラー・メセスで「太陽神ラーの創りしもの」という名前なので洞主はラメセスを使っています。古代エジプト語は正確な発音がわかっていないので、子音の間にEを入れようと決めたのですが、自国の言語で発音しやすいようにということでしょうか、Eが入っていたりいなかったりでラムセスとラメセス、そもそも言語によって発音の仕方が異なるのでトゥエリスとタウェレトのように同じ神様の名前が2通りあるということになってしまいました。どちらでも好きなほうで呼べばいいと思います。

ちょっと話は違いますが、河江肖剰さんの漢字変換が面倒です・・・。
初めて見たらのりゆきさんとは読めないですよね。
 

| イベント・お店・情報 | 12:00 | 洞主 |