calendar

S M T W T F S
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< May 2018 >>

Links

古代文明グッズなら
翠微洞yahoo店はこちら

幻想ヨーロッパグッズ
お問合せはこちら

Profile

latest entries

categories

archives

search

mobile

qrcode

sponsored links

recommend

others

アンケセナーメンの墓でしょうか?

1週間ほど前に何かが見つかったようですが・・・発表はありません。
アンケセナーメンの墓があると見込んだ場所で1月から発掘調査が行われていましたが、アイの墓の近くで入口らしきものがレーダーで捉えられたようです。墓の造営の際に出るゴミ捨て場のような場所も見つかっているとか。

考古学者たちは口を閉ざしているのですが、ディスカバリーチャンネルだけが許されて発掘の様子を撮影しているとのことです。アンケセナーメンではないにしろ、2〜3の墓が見つかる可能性があるそうで、何か発表があるとすれば、考古省の許可待ちのようです。
 
| 古代トピックス | 12:00 | 洞主 |

発掘&調査いろいろ

1月から2月初めにかけて発表されたエジプトの発掘関連ニュースの主なものをまとめました。上から新しい順です。

■アブシールで竪穴の墓発見
鳥とみられるミイラの入った4つの棺、38個のファイアンスの壺
プトレマイオス朝のものらしい

■ツタンカーメン王墓の隠し部屋再調査
日本のレーダー調査では空間がある可能性が
米国の調査では何も無いという結果
2つの相反する結果を受けて、墓の内側と外側からの再調査が始まった

■第5王朝の高官の墓調査
ギザ西側墓地で1909年に発見された区画の発掘調査が昨年10月に開始
ハトホル神に仕えた女性の神官ヘテペトの墓を発見
当時の色が残る壁画には、果物の収穫、金属の熔解、皮の加工、パピルス舟造船の他、楽隊の前で踊るサルなど娯楽の様子も描かれている

■アンケセナーメンの墓発掘調査開始
王の谷の一画“猿の谷”でツタンカーメン王妃の墓の発掘調査開始
アンケセナーメンでなくとも関連した人物の墓があると期待
“猿の谷”の名はアイ王墓の壁画の12匹の猿より付けられた

「ツタンカーメン王墓の隠し部屋がネフェルティティの墓ではないか?」と「猿の谷にアンケセナーメンの墓があるに違いない!」というのは、ザヒ・ハワス博士が担当しています。進捗や結果の発表がありましたら、またお知らせしますのでお楽しみに。
 
| 古代トピックス | 12:00 | 洞主 |

モチェの会見場かも?発見


(画像:ancient origins より)

ペルー北部のリモンで1500年ほど前のモチェの式典用宴会広間と政治的な発表に使われたであろう部屋が見つかりました。

モチェはシカンより前、紀元後100〜700年頃に栄えた農業国で、灌漑用の水路が整い、文化芸術は洗練されていて、美しい彩色の土器や黄金細工が出土しています。モチェについては、以前このブログでテュミについて書いた記事に出てきています。

太陽のワカや月のワカのような神殿ピラミッドの他に、王族やエリートの墓、宝飾品で満たされた戦士神官の墓などが見つかっており、また、政治的、宗教的に重要な地位に女性がいたこともわかっています。

モチェ衰退の原因はエル・ニーニョによる洪水だと言う説が有力になってきているそうですが、今回の発見はモチェが栄えていた頃の支配体制について知る手がかりになりそうだと期待されています。
 

| 古代トピックス | 12:00 | 洞主 |

ルクソールで墓発掘


(画像はahram online より)

ルクソールのドゥラ・アブル・ナガで2つの墓が発掘されました。
1990年代に発見されていたのですが、この度やっと発掘されたとのことです。

新王国時代のもので、1基からは木棺や木製マスク、椅子、オシリス形の木棺の一部などが見つかりました。もう1基からは多くの小像や葬儀コーン、ウシャブティの入れ物や粘土の船や見つかり、入口ホールにはジェフティ・メスの名が、天井にはトトメス1世のカルトゥーシュがあるということですが、コーンにはマアティとその妻メヒの名前があり、墓主の名前は定かではありません。

上の画像の壁画はどちらの墓のものかちょっとわかりませんが、他の画像や詳細はahram online でどうぞ。
| 古代トピックス | 12:00 | 洞主 |

未公開のツタンカーメン遺物


(画像:ahram online の記事より)

ツタンカーメンの墓から発見されたものは5,400点ほどあり、未だに詳しい調査がされていないものがたくさんあるようです。その中のひとつ、黄金のシートがこの度公開されることになりました。

シートって何?と思いましたが、薄い板状の黄金で、革製のアップリケといっしょに戦闘用の2輪馬車のそばの床に散らばっていたということです。馬の目隠しや馬具の飾り、馬車や矢筒の装飾に使われていたようです。

黄金のシートは、ツタンカーメンの顎鬚の修復を手掛けたドイツのクリスチャン・エックマン氏によって修復され、王墓発見から95年を経て、カイロ博物館のツタンカーメン未公開遺物展で12月末まで展示され、その後は大エジプト博物館に移される予定です。
詳しい記事はahram online でどうぞ。
 

| 古代トピックス | 12:00 | 洞主 |