calendar

S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      
<< December 2017 >>

Links

古代文明グッズなら
翠微洞yahoo店はこちら

幻想ヨーロッパグッズ
Twitter はこちら
お問合せはこちら

Profile

latest entries

categories

archives

search

mobile

qrcode

sponsored links

recommend

others

未公開のツタンカーメン遺物


(画像:ahram online の記事より)

ツタンカーメンの墓から発見されたものは5,400点ほどあり、未だに詳しい調査がされていないものがたくさんあるようです。その中のひとつ、黄金のシートがこの度公開されることになりました。

シートって何?と思いましたが、薄い板状の黄金で、革製のアップリケといっしょに戦闘用の2輪馬車のそばの床に散らばっていたということです。馬の目隠しや馬具の飾り、馬車や矢筒の装飾に使われていたようです。

黄金のシートは、ツタンカーメンの顎鬚の修復を手掛けたドイツのクリスチャン・エックマン氏によって修復され、王墓発見から95年を経て、カイロ博物館のツタンカーメン未公開遺物展で12月末まで展示され、その後は大エジプト博物館に移される予定です。
詳しい記事はahram online でどうぞ。
 

| 古代トピックス | 12:00 | 洞主 |

サウジの地上絵


(画像:Live Science のウェブページより)

地上絵ってナスカ以外にも意外にあるのかも。これはサウジ・アラビアの紅海沿いの都市ジェッダ(Jeddah)の北東Harrat Rahat の溶岩原にある地上絵です。ペンダントか車輪かケルン(石の塚)のようなものが連なって描かれています。

中東の地上絵調査は様々な事情で半世紀以上進んでいなかったようですが、Google Earth の登場で誰でも簡単に発見できるようになりました。ドローンも導入されて、そこまで行くことができれば現地調査も楽になったようです。

自分の部屋で遠い国の地上絵を探す・・・ロマンがあるような、ないような?
このサウジの地上絵の記事はLive Science に載っています。
 
| 古代トピックス | 12:00 | 洞主 |

クフのピラミッドに大空間発見

今朝の新聞でも報じられていましたとおり、クフ王のピラミッドのミューオンを使った調査で、内部に大きな空間があることがわかったと英国のネイチャー誌のウェブ版に発表されました。

大回廊の上あたりに少なくとも30mの長さの空間があり、現時点ではその役割については不明ですが、未だ解明されない建造方法などの大きな手掛かりとなりそうだとのことです。

3種類の方法で検証していたそうで、NHKスペシャルでの放送が延期されていたのは、確実な検証結果を待ってのことだったのでしょうか。急遽この土曜日に放送が決まりました。11月4日午後9時からです。

ウェブ記事へはこちらから。
ネイチャーの記事
NHKスペシャル
 

| 古代トピックス | 12:00 | 洞主 |

ラメセス2世の神殿跡発見

エジプト・チェコ隊がアブシールでラメセス2世の神殿跡を発見したと発表がありました。アブシールはギザから10km余り南にあります。

神殿は52m×32mくらいで、神殿の左右には倉庫があり、前庭も付いています。神殿には石柱が並び、壁には泥レンガが使われており、青く塗られている箇所もあったということです。

アブシールはメンフィスのノモス(古代の行政区域)内にあります。メンフィスと言えばプタハ神殿のラメセス2世の巨像で有名ですが、ラメセス2世が建てた神殿はメンフィス区域では見つかっていなかったということです。ラー、アメン、ネクベトなど太陽神系の名前が入ったラメセス2世の別名(タイトル)を記したレリーフも見つかっており、これによりアブシールでの太陽神信仰が、第5王朝から新王国時代まで続いていたということもわかったそうです。

画像などはAhram Online の記事で見られます。
 
| 古代トピックス | 12:00 | 洞主 |

古王国時代のオベリスク発見

第6王朝のペピ2世の母アンクネスペピ2世のオベリクスをスイス・フランスの調査隊がサッカラで発見しました。今まで見つかっている古王国時代のオベリスクの破片としては一番大きく、長さが2.5mあるそうです。


元の高さは5mほどと推測され、この王妃のピラミッドから遠く離れた場所で1本だけ見つかったので、後の時代に再利用の為に運ばれてきたのではないかとのことです。オベリスクの先端のピラミディオンは日の光を受けて輝くよう、銅か金箔のような金属で覆われていたようです。

スイス・フランス隊の元々の目的は古王国時代のピラミッドテキストの調査で、アンクネスペピ2世はピラミッドにテキストが書かれた最初の王妃ではないかと考えられているそうです。また、幼くして王位についた息子の摂政を務め、ハトシェプスト女王のように王を名乗ることはなかったものの、実質的にエジプトを統治していたそうです。ピラミッドも王に次ぐ大きさだということです。

洞主はこの王妃について初めて知りました。
よく日本の戦国武将であなたはどのタイプ?なんていうことがありますが、古代エジプト人ではどのタイプなんていう遊びができるくらいいろいろな王や王妃について知られるようになったら面白いですね。
 

| 古代トピックス | 12:00 | 洞主 |