calendar

S M T W T F S
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< January 2018 >>

Links

古代文明グッズなら
翠微洞yahoo店はこちら

幻想ヨーロッパグッズ
お問合せはこちら

Profile

latest entries

categories

archives

search

mobile

qrcode

sponsored links

recommend

others

モチェの会見場かも?発見


(画像:ancient origins より)

ペルー北部のリモンで1500年ほど前のモチェの式典用宴会広間と政治的な発表に使われたであろう部屋が見つかりました。

モチェはシカンより前、紀元後100〜700年頃に栄えた農業国で、灌漑用の水路が整い、文化芸術は洗練されていて、美しい彩色の土器や黄金細工が出土しています。モチェについては、以前このブログでテュミについて書いた記事に出てきています。

太陽のワカや月のワカのような神殿ピラミッドの他に、王族やエリートの墓、宝飾品で満たされた戦士神官の墓などが見つかっており、また、政治的、宗教的に重要な地位に女性がいたこともわかっています。

モチェ衰退の原因はエル・ニーニョによる洪水だと言う説が有力になってきているそうですが、今回の発見はモチェが栄えていた頃の支配体制について知る手がかりになりそうだと期待されています。
 

| 古代トピックス | 12:00 | 洞主 |

完売品懐古

昨年より古代エジプトの出土品レプリカの発売がとても少なくなってきていますが、それに加え、ツタンカーメンの雌牛のベッドのように製造終了した品もいくつかでてきました。

2007年頃はメーカーが古代エジプトの置物をたくさん作り始めた時期でした。エジプトから輸入した10数点で始めた翠微洞もその頃から大幅に品数を増やしてきました。中国製がほとんどでしたが、丁寧な作りでパッケージも美しく、デザインもよいものが多かったです。

当時の品で洞主が特に気に入っていたのは、ツタンカーメンのベッドの他に、プタハ・ソカル・オシリスの立像、鰻または蛇用のミイラ棺の香立て、セネト盤の小物入れ(あー、写真が無い)などです。



先日は、これも洞主お気に入りのセベク=ホルの小物入れが完売しました。
メーカーでも製造終了しています。残念。

そんなこんなで今日は昔のレプリカの話でしたが、2014年後半からは大英博物館と契約したので雑貨類の種類が増えました。次回は現在の洞主のお気に入りを紹介したいと思っています。
 

| 入荷予定・製品情報 | 12:00 | 洞主 |

新発売:ペーパーウエイト

星月夜ペーパーウェイト ひまわりペーパーウェイト
シャノワールペーパーウェイト デュブーの猫ペーパーウェイト

≪新発売のお知らせ≫
翠微洞内のグリフィン洞にできた「アート雑貨」カテゴリーからの新発売です。

ガラス製のペーパーウエイトで、ゴッホの油絵が2点とスタンランのシャノワールのポスター、デュブーのイラストから眠る子猫の合計4点です。

この他にもいくつか入手可能な種類がありますので、アートシリーズのキャンドルホルダーといっしょにお取り寄せ品としてご紹介するページを作る予定です。
 

| 新発売 | 12:00 | 洞主 |