ゴールデンウィークの発送について

ゴールデンウィークの休業と発送予定についてお知らせします。

休業: 5月3〜5日(水〜金)
発送: 5月2日13:00以降のご注文 → 5月6日(土)発送

5月6日からは通常通りの発送になります。休業期間のお問い合わせへのお返事も6日以降になりますので、よろしくお願い致します。

8連休の方も多いのでしょうね。翠微洞は元日を除いて年中無休だったこともあるのですが、今は少しずつ休業日を増やしています。まとまって休業することもあるかもしれませんが、なるべく早めにお知らせします。
 

 

| お知らせ | 12:00 | 洞主 |

大天使シリーズ予約受付開始

お取り寄せを休止していた大天使シリーズですが、予約という形で再開しました。
5月末までのご予約で6月中旬頃のお届けになります。

予約は翠微洞ウェブ本店のみで受け付けます。
今回のご予約分は送料を翠微洞が負担致します。

Yahoo!店では予約の受付は行いませんが、一旦ウェブ本店にてご予約手続きをしていただき、商品がご用意できた時点でYahoo!店にて専用ページをご用意しますので、ご希望の場合はお申し付けください。

下の画像クリックでご予約用のページが開きます。
締め切りまでに1か月ありますので、是非ご検討ください!

大天使ミカエル像大天使ガブリエル像
大天使ラファエル像大天使ウリエル像
 

| お知らせ | 12:00 | 洞主 |

古代の麻とエジプト綿

前回の大河ドラマ「直虎」は綿(ワタ)の栽培を巡る話でしたね。
この時代から綿の栽培が盛んになったとは知らず、なんとなくずっと昔からあったように思っていました。

さて、綿(めん)といえば質のよいエジプト綿が有名ですが、エジプトに綿が伝わったのは紀元前2世紀くらいのプトレマイオス朝とのことです。インドでは紀元前2500年くらいから栽培されていたらしいですが、エジプトに入ってきたのは随分と後なのですね。今のエジプト綿はさらにずっと後の13〜14世紀に栽培が始まったそうです。

古代エジプトの服や包帯は麻布でできていました。麻布は亜麻、苧麻、黄麻、大麻の繊維から作られ、柔らかく美しい亜麻の布は、王族や位の高い神官の服に使われました。
ツタンカーメンでお馴染みの青いストライプのネメス頭巾は亜麻布を藍で染めてあるそうです。

ところで綿花は白が当たり前になっていますが、これは染めるのに都合がいいように品種改良されてたもので、昔は色のついた綿花があったそうです。近頃は昔の色付き品種を栽培して、化学染料を使わない綿製品の生産が行われています。薄茶色や緑や灰色などがあり、洞主も色付き綿で作ったソックスを持っていますよ。
 

| 古代トピックス | 12:00 | 洞主 |