calendar

S M T W T F S
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< June 2017 >>

Links

古代文明グッズなら
翠微洞yahoo店はこちら

幻想ヨーロッパグッズ
Twitter はこちら
お問合せはこちら

Profile

latest entries

categories

archives

search

mobile

qrcode

sponsored links

recommend

others

青いカバ再登場

ファイアンスのカバ小像

ファイアンスの青い色が印象的なカバ小像が再登場しました。
以前取り扱っていたものの、仕上げが粗くなったので販売を終了したのですが、仕上げの状態を承知のうえでのご希望が時々あったので、販売を再開することにしました。

今回の入荷分も材料粒の付着などはありますが、以前より仕上げの状態が少しよくなっている感じです。メーカーのほうでも定番化しているので、長く取り扱っていこうと思います。

先頃完売した品としては;
・イナンナ/イシュタル像
・弓を引くツタンカーメン像
・ツタンカーメンの儀式用雌牛のベッド

マニア向けの品はメーカーが1回作って売り切り終いの場合が多いです。ツタンカーメンのベッドは長い間ゆっくりと売れましたが、ついに完売となりました。丁寧な仕上げの美しい品だったのでとても残念です。
 

| 入荷状況 | 12:00 | 洞主 |

新発売:ラマッス牡牛像

ラマッス牡牛像

≪新発売のお知らせ≫
アッシリアの守護獣ラマッスの牡牛を像にしたものです。
ルーブル美術館のラマッスがモデルです。

これでオリジナルに近い形のブックエンドと壁掛け、像の3種類になりました。
壁掛けと像は牡牛のみで、ライオンが発売されるかどうかはわかりません。
以前ライオンの像を販売していましたが、実は、取り扱っている販売元を見つけた時には牡牛は売り切れだったのでした。ラマッスについては牡牛の方が人気があるのでしょうか。

********
来週は次回の発売予定と、グリフィン洞からのお知らせがあります。
 

| 新発売 | 12:00 | 洞主 |

センウセレト3世の墓公開へ


(Ancient Origins のウェブサイトより)

古代エジプト中王国時代最強の王とされるセンウセレト3世は、アビドスに埋葬されました。長さ400m深さ45mというアビドス最大の墓です。

1901年に発見されたのですが、2005年までは本格的な発掘はされませんでした。盗掘除けの50トンを超えるいくつもの巨石が玄室を守っていたのですが、壊れた石棺とカノポス壺の破片があるのみだったということです。壁には壁画などの装飾はないものの、トゥーラ産の石灰岩やアスワン産の珪岩できれいに仕上げられています。

王墓を地下深く隠すように作るのはセンウセレト3世が最初と言われていて、王家の谷形式の先駆けだったと見られています。この王はダハシュールにピラミッドも作っていて、その跡を継いだアメンエムハト3世のピラミッドは2基が確認されています。その後も数基のピラミッドが確認されていますが、中王国時代が終わると大規模なピラミッドが作られなくなりました。

当初は崩れた石がたくさん詰まった墓の中を這うようにして進まなければならない状態でしたが、いまは瓦礫が取り除かれ、電灯や階段、換気設備の工事が進んでいるようです。ピラミッドに見立てた”アヌビスの山”の地下に位置するこの墓は、あと2年ほどで一般公開の準備が整う予定だそうです。
 

| 古代トピックス | 12:00 | 洞主 |