calendar

S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< July 2017 >>

Links

古代文明グッズなら
翠微洞yahoo店はこちら

幻想ヨーロッパグッズ
Twitter はこちら
お問合せはこちら

Profile

latest entries

categories

archives

search

mobile

qrcode

sponsored links

recommend

others

訳あり品追加しました



訳あり品を4種類追加しました。
1.ツタンカーメンのマスク(中)
2.ツタンカーメンのマスク(小)
3.アヌビスの厨子のエナメルボックス
4.スカラベ(グリーン)

ツタンカーメンのマスクは今回入荷分が軒並み仕上げに難があったので、取り扱いを終了しようと思っています。小さくて美しいエナメルボックスも、残念ですが終了します。
スカラベは難がある箇所が底面ですので、気にならない方は是非どうぞ。
 

| 入荷状況 | 12:00 | 洞主 |

アンケセナーメンの墓なのでしょうか?

エジプト考古大臣が近々重大な発表があると言っていましたが、このことでしょうか。
ザヒ・ハワス博士のチームがアイ王の墓の近くで新たに墓を発見したという発表がありました。

墓の造営を始める際に使われる容器などが見つかり、レーダー調査で墓の入口らしき場所もわかったとのことですが、墓本体の発掘はまだのようです。従って誰の墓なのかはわかっていませんが、ツタンカーメンの妃アンケセナーメンの可能性があるということです。

ちなみにアイはツタンカーメンの次に王になった人で、高齢だったためか治世はわずか4年でした。

先日のエジプシャンデイでアンケセナーメンの墓の発掘調査予定があると言っていましたが、今回の発表より先に言っちゃったようですね。(先のエジプシャンデイの記事では間違ってネフェルティティと書いてしまったので訂正しました。)
まだ可能性ですからね。もう少し待ってみましょう。
 
| 古代トピックス | 12:00 | 洞主 |

彗星とツタンカーメン

有翼スカラベ

ツタンカーメンのスカラベの胸飾りにはリビア砂漠ガラスが使われています。
画像は胸飾りのスカラベ部分を置物にしたものですが、オリジナルのスカラベの胴体部分はくすんだ黄色のガラスでできています。

2012年のツタンカーメン展の図録には、隕石が砂漠の砂に衝突した時に形成されたガラスとなっています。今日の考古系ネットニュースにこのガラスについての記事が出ていたので概略を紹介します。

2,800万年前に落ちた彗星は砂漠の砂を1000℃を超えるまで熱し、6000平方キロメートルの範囲に膨大な量のシリカガラスができあがった、となっています。隕石ではなく彗星というところがポイントのようで、ダイヤモンドを内包した黒い小石も見つかっているため、普通の隕石ではなく、もっととてつもない衝撃、つまり彗星が地球にぶつかった証拠であるとの結論に至ったとのことです。

宇宙の研究と考古学の異分野の協力で解明できることがあるかもしれないみたいなことで記事が締め括られていました。そういえばミューオンを使ったピラミッド透視の第2回目をそろそろNHKでやるんじゃないでしょうか。日程がわかったらお知らせしますね。
 
| 古代トピックス | 12:00 | 洞主 |