calendar

S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< October 2017 >>

Links

古代文明グッズなら
翠微洞yahoo店はこちら

幻想ヨーロッパグッズ
Twitter はこちら
お問合せはこちら

Profile

latest entries

categories

archives

search

mobile

qrcode

sponsored links

recommend

others

ラメセス2世の神殿跡発見

エジプト・チェコ隊がアブシールでラメセス2世の神殿跡を発見したと発表がありました。アブシールはギザから10km余り南にあります。

神殿は52m×32mくらいで、神殿の左右には倉庫があり、前庭も付いています。神殿には石柱が並び、壁には泥レンガが使われており、青く塗られている箇所もあったということです。

アブシールはメンフィスのノモス(古代の行政区域)内にあります。メンフィスと言えばプタハ神殿のラメセス2世の巨像で有名ですが、ラメセス2世が建てた神殿はメンフィス区域では見つかっていなかったということです。ラー、アメン、ネクベトなど太陽神系の名前が入ったラメセス2世の別名(タイトル)を記したレリーフも見つかっており、これによりアブシールでの太陽神信仰が、第5王朝から新王国時代まで続いていたということもわかったそうです。

画像などはAhram Online の記事で見られます。
 
| 古代トピックス | 12:00 | 洞主 |

新発売:「ピーターラビット」ヒエログリフ版

「ピーターラビット」ヒエログリフ版

≪新発売のお知らせ≫
大英博物館出版局のヒエログリフ版「ピーターラビット」の絵本です。

物語の舞台は英国のイングランド北西部の湖水地方です。
世界遺産の文化的景観に登録されている、いくつもの湖が点在する美しい保養地です。
牧畜が主要産業で、作者ビアトリクス・ポターはこの地方の羊の固有種の保護にも力を注ぎました。

観光地なのですが、大自然を満喫したりのんびり過ごすような地で、牧場に泊めてもらって仕事を手伝うファーム・ステイを利用した洞主の友人もいます。
英国旅行の際は、時間が許すなら1週間くらい滞在してみたい場所です。
 
| 新発売 | 12:00 | 洞主 |

ラテンアメリカ博物館のご紹介



前回のブログでマチュピチュで昼寝をした方の話が出ましたが、今日はその方が運営するウェブ博物館をご紹介します。

中南米の遺跡を豊富な写真とレポートで紹介する「ラテンアメリカ博物館」です。
使われている写真は全て管理人さんが撮影!遺跡情報やトラベルガイドがとんでもなく充実しています。

これだけのサイトを作るのにどれだけの年月(と旅行費用)がかかったことでしょう!
洞主が説明するより、見て、驚いてください。何日かに分けて見ないと、頭の中がぐちゃぐちゃになります。旅行している気分でゆっくり見ていくのがいいかと思います。

上のバナーにリンクが貼ってあります。翠微洞の神殿前広場のページのお勧めリンクにも追加しました。また、管理人さんのブログ「毎日がラテン」では、今年の旅のレポートが掲載されています。こちらも必見です!
 

| イベント・お店・情報 | 12:00 | 洞主 |